JA2DHC/JA1CTYのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 近親者がガンになりました

<<   作成日時 : 2017/11/11 08:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

近親者が、胃ガンから肝臓に転移し、手術が不可能で抗がん剤治療で延命する ことしかできない状況になりました。病院に見舞いに行き彼から話を聞いてきました。

*10年前に大腸ガンの手術を行い、こちらは全治している。再発をチェックするため定期的に検査しているが、この2・3年は年に一回の検査に減らしていた。

*昨年秋の定期検査で、腫瘍マーカーであるCEA値は5以下の安全圏だった。 今年の9月の検査ではCEAが15まで急増していたのでMRIなどで二次検査したら、胃ガンはステージ4まで進行していて、肝臓の複数部位に転移が認められた。これだけ広範な転移では外科手術ができない。

⇒CEA(腫瘍マーカー)の数値はガン細胞の増殖よりもやや遅れて上昇する傾向があるようだ ⇒ 1年に1回の検査では「早期発見」できないことがあるので半年に1回にする、胃カメラによる検査を勧める、と彼は言っていました。

*抗ガン剤治療は100%の効果があるわけでなく、現在の彼の抗ガン剤治療を続けたら1年後の生存率は12%くらいとのことです。

*高額で有名な抗がん剤である「オプチーボ」は、最近、保険適用が認められたが、最初からの使用には認められず、別の抗がん剤療法で効果が少ないと判明した ならば、オープチーボ治療に転換し保険適用が認められるとのことです。 オプチーボで治療しても彼の症状の場合は1年後の生存率は50%くらいとのことです。

私も同じような年齢ですので、医療費負担が増えてきたナー、と思い、健康保険組合のサイトにアクセスして今年の医療費を調べて見ました。 その結果が冒頭の図です。

私と妻の二人が払った医療費の「自己負担分」の集計です。10月までに27万円はらっています。年末までには40万円弱になることでしょう。保険料は年間35万円くらいですから合計75万円になり、我が家の負担も大きいですが、健保組合及び国家レベルでの医療費の負担が大きいのが実感できました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近親者がガンになりました JA2DHC/JA1CTYのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる