JA2DHC/JA1CTYのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾ドライブ旅行(その1)

<<   作成日時 : 2018/02/01 07:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

画像

1月25日から台湾旅行にきています。今回は成田から高雄市に飛び、レンタカーで台湾の南半分を反時計回りに走るドライブ旅行です。逐一、Facebookに投稿していますが、記録に残すためこのブログにも投稿します。説明文はFacebookのまま使っていて写真の掲載順序と不同になっているところがあります。

《全体行程》
 1月25日 成田⇒高雄 高雄泊
 1月26日 高雄市美濃区泊 (レンタカー借受)
 1月27日 屏東県恒春泊
 1月28日 花蓮県瑞穂温泉泊
 1月29日 花蓮市新城郷泊
 1月30日 南投県埔里泊
 1月31日 嘉義市泊
 2月01日 高雄市泊 (レンタカー返却)
 2月02日 高雄市泊
 2月03日 高雄⇒成田
画像

画像

画像

画像

画像

-------------------------------------------------------------
台湾の最南端の「鵝鸞鼻」まで車を走らせてきました。この海岸から南方向はフィリピンです。
画像

画像

-----------------------------------------------------------
レンタカーを走らせていたら道ばたの露天(KIOSK)に【菱角】の看板を見つけましたので停車して買いました。
三菱重工など、三菱グループの社章に使われている【菱】の実です。今から60年くらい前、私の故郷の名古屋の名古屋城のお堀で菱の実を取って食べのと同じ食感が蘇ってきました。
画像

--------------------------------------------------------
1月28日 20:35:
今日は約230Km走りました。高速道路なしの230Kmはさすがに長いですね。
ホテルは100年前に日本人によって開発された瑞穂温泉です。宿泊人名簿に記帳しようとしたら、私のすぐ前にチェックインしたのは日本人で、パスポートナンバーが近い人でした。
台湾の大きな温泉では普通ですが、混浴なので水着を着て入ります。
画像

----------------------------------------------------------
台湾の面積は九州と同じくらいですが、現存する原住民は16民族以上とされています。アメリカ合衆国の原住民(インディアン)はアパッチ族など有名ですが土地の面積が違いますので、比較が難しいですね。
今日は、レンタカー・ドライブ途中に台東県にある【台湾史前博物館】に立ち寄りました。一番驚いた展示は、この地方から発掘された3000年前の頭蓋骨に抜歯の痕が認められたことです。私の藤沢市の自宅から200mの至近距離で発掘された3500年前の人骨にも抜歯の痕が残っています。約3000年前、台湾と藤沢市に同じ風習があったんですね。
生きている歯を抜くのですから痛かったでしょうね。
自宅近くで発掘された人骨については以下を参照ください。
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/koide/iseki/1009874.html
画像

画像

------------------------------------------------------
昨日泊まった瑞穂温泉近くに【北回帰線標】があります。台湾は低緯度の亜熱帯気候の国です。今日のホテルの庭の植木にはすでに若葉が芽吹いていました。
画像

画像

------------------------------------------------------
昨日のドライブコースの途中、「石門古戦場」に立ち寄りました。
明治7年(1874年)、西郷従道(西郷隆盛の弟)が指揮した台湾出兵の戦場となった場所です。
西郷は、兵約2200名、支援要員約800名、総計3000名を率いて台湾に上陸/進軍し、6月には原住民居住地区である当地で最後の決戦を行いました。
原住民は川沿の両側に山が迫り隘路となっているこの地点で待ち構え、大きな石を転がり落として抗戦しましたが、兵士数や鉄砲など圧倒的な戦力の西郷軍の前に破れました。
「我凱旋兵は十二の首級を得、その頭髪を青竹に縛り付け意気揚々之を担いで還った」と、首狩蛮行の様子を西郷軍の派遣軍医が記録しています。西郷軍の戦死者は十二名、マラリアによる病死者五百数十名と記録されているそうです。戦死よりも病死の方が圧倒的に多かったわけです。
画像

画像

---------------------------------------------------
今朝、台湾中部東海岸の街、花蓮のホテルを出発し、「太魯閣峡谷(タロコ峡谷)」を経由して【台湾地理中心】がある埔里の街のホテルにチェックインしました。
全長160Kmの走行距離を5時間半で走りきりました。 途中、標高3000m以上のチェーン規制区間の約5Kmを挟んで、70%くらいの区間は、休む間もなくハンドルを右・左に回し続けました。我ながら、この道を5時間半かけ、無事故・ノーミスで走破でき、「よくやった」と思います。途中、対向車で250ccくらいの大型スクーターとすれ違いました。私も大型二輪バイクを持っていますが、チェーン規制のある道にバイクでチャレンジする気は起きません。台湾人は勇気があるんですね。
画像

画像

画像

------------------------------------------------------
花蓮県にある「花蓮観光糖廠」には、新渡戸稲造の胸像がありました。台湾の製糖業を世界的な産業に育て上げた人です。1984年から2004年の間に発行された5,000円札に肖像が印刷されていることも説明されていました。
世界に名をはせた台湾の製糖業も、2002年の「台湾WTO加盟」により、価格が安い外国の砂糖には対抗できなく、操業を停止しました。この工場は、現在、《産業遺産》として観光の目玉になっています。
画像

-------------------------------------------------------
先に投稿した標高3000mのレンタカー走破が終盤に近づき、南投県に入ってきたら、1930年に発生した【霧社事件】の現場近くを走っていました。事件の首謀者である「モーナ・ルダオ」の遺骨を埋葬している墓と公園が眼に飛び込んできました。
モーナ・ルダオの遺骨は、「台北帝大・理学部」に台湾原住民の骨格サンプルとして保管されていたそうですが、蒋介石統治下の台湾の時に、生まれ故郷の当地に埋葬(改葬)されたとのことです。
画像

画像

-----------------------------------------------------
今回の旅行中に食べた料理です。
「池上弁当」は、台湾で米の品評会第一位を受賞したことがあり、無農薬栽培です。「池上弁当」を名乗るには認定制度があります。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

嘉義市に移動してきました。ホテルの近くを歩いていたら店先で美味しそうな粽(チマキ)を売っていたので買いました。日本では中華街に行っても肉マンは売っていますが、チマキは売っていないようです。何故でしょうか、美味しいのにね。
画像

-----------------------------------------------------------
今朝、台湾地理中心がある埔里を出発し嘉義市までやってきました。戦前には日本人も多く住んでいたようで、日本時代の建築がたくさん保存されています。中でも阿里山登山鉄道は今でも現役で列車が運行しています。
画像

画像

画像

画像

画像

---------------------------------------------------

台湾ドライブ旅行《その2》に続く
http://ja1cty.at.webry.info/201802/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
台湾ドライブ旅行《その2》
北回帰線を示すモニュメントは台湾の西海岸にもありました。 ...続きを見る
JA2DHC/JA1CTYのブログ
2018/02/02 06:41
台湾でレンタカーを借りました
台湾は日本の国際免許が通用せずレンタカー旅行をあきらめていましたが【抜け道】が用意されていましたのでトライしてうまくいきました。皆さんの参考になると思いますので投稿しておきます。 ...続きを見る
JA2DHC/JA1CTYのブログ
2018/02/08 06:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾ドライブ旅行(その1) JA2DHC/JA1CTYのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる