JA2DHC/JA1CTYのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS スマホを買い換えました

<<   作成日時 : 2018/04/25 16:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

【購入した機種】
自宅サーバーを長期間に亘り動かしています。この20年間に一度もハングアップしたことがなく、安定に動作してくれたLinuxに惚れ込んでいます。そのLinuxの流れを汲むAndroidスマホ以外、私には選択肢がありません。
ハードウェア(CPU/SoC)については、ここ数年のスマホ用LSIの進歩が著しく、パソコン用CPU市場におけるインテルCPUの独走とは様相が異なっています。iPhone用はアップル社独自のCPU(SoC)を採用していますが、Android用としては、クワルコム社、サムスン社、メディアテック社が激しく性能競争しています。3社の中で、メディアテック社の開発動向(ロード・マップ)に私は魅力を感じました。中でも最新のSoCである、MediatekのHelio P60 (SoC)を搭載したOPPO社のR15スマホが発売になり、ホンコンのディーラーがeBayに出品しましたので購入しました。この機種の仕様は以下を参照ください。

https://www.gsmarena.com/oppo_r15-9108.php

【OPPO R15の謳い文句】
Androidスマホなら何を買っても同じというユーザーサイドの声もある中、OPPO社は以下をセールスポイントにしています。
 *AIチップ内蔵
 *低消費電力(バッテリ動作時間が長い)/充電時間が短い
 *ソニー製の撮像素子と上記AIチップの採用で綺麗な写真が撮れる

<充電時簡>
同梱されていたUSB充電器は4アンペア品でした⇒市場に出回っている充電器の最高は2.4アンペアが普通です。4アンペア品を初めて見ました。
電圧を実測したら5.25Vありました。この電圧は0.1V違うと充電時間がかなり変わりますので、USB規格の公差上限である+5%ギリギリで製造し、充電時間短縮を目指しています。

<綺麗な写真>
近所の公園で試し撮りしてきました。投稿するにあたり画面サイズを横1000ドットに縮小しました。それ以外の加工なしで、これだけぬ写りをします。お地蔵様の写真の暗部のディテ-ルが潰れずに柔らかく描写されています。レンズと撮像素子の性能が高いことを物語っています。
画像


<適合SIMについて>
通信キャリア各社が使っている無線の周波数に対して、私のスマホの通信可能バンドが合致しているか確認しました。その結果、ドコモ系とソフトバンク系なら大丈夫なことがわかりました。このスマホが通信可能なバンドを調べてみましたので、以下に実測値を示します。
画像


次のステップは、毎月支払うコストと回線速度を比較して、コスパが最大になるよう検討してみました。毎月の回線速度はネット各社が公表していますので、動向をウォッチしていました。ここ2ヶ月くらいは、ドコモ系のMVNO各社の回線速度向上が顕著です。中でも、大手が運営するMVNO回線速度は、ベストテンの常連としてランクインするようになりました。
以上の検討結果より、今回はパナソニックが運営する「ワンダーリンク」のSIMを使ってみました。午後3時頃の利用者が少なく回線速度が出やすい時間帯に測定してみたら20Mbps以上でましたので満足しました。


<日本市場への進出>
OPPO社は日本支社増強のため、200人もの求人をしています。このモデルを日本で売り出すためには、バンドルしているソフトの取捨選択やデフォルト設定など、日本市場向けに工場出荷ROMイメージの作成作業、および販売チャンネルの確立などが必要です。私はこのモデルを日本で売り出せばヒットするのではないかと感じています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スマホを買い換えました JA2DHC/JA1CTYのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる