JA2DHC/JA1CTYのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国料理およびスマホ活用

<<   作成日時 : 2018/10/25 17:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の旅行ではスマホを大いに活用しました。

レンタル自転車の「mobike」です。プリペイド金額がシステム内に記録されていて、現物の自転車のQRコードをスマホで読み取ると解錠します。 30分で1元(約16円)です。
画像

mobikeを立ち上げると、付近の地図が出て、自転車の所在場所がわかります。
画像


スマホ決済です。この画面は「アリペイ」で、もう一つ「WeChat」というシステムもあります。
コンビニなどの支払いで、店員が金銭登録機に打ち込んだ金額をキャッシャーの小型スキャナで以下の画面を読み取ってもらえば支払い完了です。 個人商店など金銭登録機を持っていない小規模店では、店固有のQRコードをスマホで読み取り、金額を手打ちで入力します。
画像


中国のネットはGoogle、Facebookが遮断されているので、GoogleMAPが使えません。代わりに「百度地図」という同じ機能のアプリが使えます。徒歩及びバス移動のとき、「カーナビ」と同じように使えます。目的地は中国の漢字だけで無く日本の漢字を打ち込んでも解読してくれます。「空港」は英語で「airport」と打ち込んでも解読してくれました。
画像


中国のホテルと新幹線の切符の手配は「trip.com」を使いました。日本語で予約できます。スマホからアクセスできるので、中国の鉄道に乗車中に次の列車の予約することもできる即答システムです。
画像


ホテルやレストランでは「Google翻訳」が役立ちました。かなり正確に私の日本語発音を音声認識してくれました。
画像

----------------------------------------------
日本ではあまり食べられない中国料理を堪能できました。
画像

画像

画像

画像

南京東路のホテル近くの「定食屋」のメニューは、「これぞB級グルメ」と言える一品ぞろいでした。
中国で味噌汁を食べた記憶はあまりないですが、この味噌の味は日本の赤ダシとも少し違い、塩が少なく美味しいですね。豆腐がたくさん入っていて、少し挽肉が入っていました。
椎茸の上に挽肉を乗せ、さらにうづらの卵を乗せた料理、これだけ手の込んだ料理が一皿10元(160円)なんですからね。中国B級グルメ・ウォーカーをやめられません。
画像

画像


二鍋頭です。2回蒸留して作るので、この名前が付いているとのことです。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国料理およびスマホ活用 JA2DHC/JA1CTYのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる