スピーカーのF特を測定しました

Androidスマホ用アプリのSound Analyzer Free をインストールしたのでスピーカーを測定してみました。

 *アンプ: D級 50W
 *信号源: WaveGen
 *スピーカー: コーラル DX7
  https://audio-heritage.jp/CORAL/speaker/dx-7.html

面白結果が得られました。

*50Hzの低周波数では、基本波よりも3倍の150Hzのスペクトルの方が強い
  ⇒3倍音を聞いていることになる

*ほとんどの周波数入力で高調波は3倍波が支配的で、2倍波成分は出ない。 しかし、100Hzのときだけは、2倍の200Hzスペクトルが3倍勢力に肉薄するくらい出てくる。

*200Hzを加えたときだけは、低調波の100Hzが出てくる。
  ⇒アンプで低調波が発生するとは思えないので、スピーカーボックスで発生するのでしょう。ボックス内の音圧の関係でしょうね。

*いずれの測定写真でも、50Hzや100Hzのハムは認められない。

画像

画像

画像

画像

画像


スピーカーを変えて測定してみました。

 *スピーカー: ヤマハVA10ギターアンプのパワーアップ改造品
 *アンプ: D級 10Wx2

測定結果
 *コーラルDX7よりもかなり歪みが少ない ⇒ 楽器メーカーのヤマハらしい
 *200Hz付近では、かなり強く低調波が出る。
画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック