「自作自慢大会」通過作品情報

アンプ部門で、10台の作品が一次審査を通過しましたが、他の人の作品も気になるモノで、ネットで調べてみました。

A&VフェスタのWebで紹介されている10台のアンプ:
http://www.avfesta.com/avf09/event/boast.html

安江さんの作品。SV811シングルアンプのようです。
http://www.tezukuri-amp.org/bunkakai/tube/bbs-tube/bbs.cgi
http://tezukuri-amp.org/shibu/kantou/bbs/bbs.cgi
安江さんは、前回の「ベスト人気部門」受賞、および2006年度の「人気アンプ賞」受賞の強豪です。

関口さんの作品は、オペアンプを使ったヘッドフォン/ラインアンプのようです。
彼は、2006年度「アンプ部門 ホビー賞」受賞者です。
蝦名さんの作品は、アルミアタッシュケース入った、2SA1015/2SC1815の純コンプリを100ペア-並列に使った無帰還アンプのようです。
関口さんと蝦名さんの今回の出品作品は、以下にレポートが記載されています。
http://www.tezukuri-amp.org/bunkakai/tr/cgi-bin/bbs.cgi

高柳さんの作品は、RCA812を、カソードチョーク方式でドライブするユニークな回路構成のアンプです。以下の掲示板で、刻々と進捗がレポートされています。
http://6819.teacup.com/ytakaya/bbs

清水さんは、山中湖にある「」ペンション すももの木」に集まる真空管アンプ自作の仲間の熱心な会員で、今回出品アンプのレポートは見つかりませんでしたが、昨年7月に行われた試聴会出品作品の写真が以下にありました。

http://www.alt-style.jp/user/sumomo/info/info.php?srch_flag=1&srch_str=&order=&new_id=225&nca_id=1&page=1&sum_count=4&kensuu=76

小生の作品は、出力管として傍熱三極管は他作品には採用されてなく、ユニークさを出すことができました。
http://ja1cty.servehttp.com/6080/60802.html

"「自作自慢大会」通過作品情報" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント