テーマ:中国関係

満州旅行 その5 (満州料理)

気温が低い中国北部地域は米栽培に適さず、小麦や雑穀がメインでそれらを食材とした麺やクレープ状調理の食文化が発達しました。中国南部からベトナムにかけては米の収穫が大きく米が主食です。中国人が「北麺南飯」と言うのはこの食文化を表したコトバです。 ハルビンのセルフ式朝飯屋で食べました。朝鮮に近いせいか、キムチもポピュラーです。 小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満州旅行 その4 (大連)

大連ウォーカーを楽しみました。 旧ヤマト・ホテルは数年前は壁の色がかなり黒ずんでいましたが明るい色になっていました。中国は古い建物の保存に力を入れているようです。壁を漂白する技術も進んでいるのでしょう。玄関ホールに入ったらピカピカに磨き上げられ、100年以上前に竣工したホテルとは思えない見事さでした。 ホテルの近くには元・南満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満州旅行 その3 (旅順)

阜新から大連まで高鉄にのり、さらに地下鉄を乗り継いで旅順のホテルにチェックインしました。  ホテルから見晴らしが良く旅順湾(旅順軍港)がよく見える絶好のロケーションの部屋でした。 旅順湾から外海に出る狭い水路が1.5Kmくらい先にくっきりと見えました。今から114年前の日露戦争の時、日本軍は、湾の出口に引退まじかの老朽艦を沈めて湾内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満州旅行 その2 (阜新)

9月13日早朝の高鉄(新幹線)に乗りハルビンから阜新に移動してきました。ホテルにチェックイン後、路線バスに乗り、石炭の露天掘りで有名な「鉱山公園」と「万人抗遺蹟陳列館」に行ってきました。 高鉄のチケットはネット経由で日本から購入できました。中国に入ってから早めに駅に行き予約番号とパスポートを提示してチケットを受け取ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満州旅行 その1 (ハルビン)

9月10日から21日、満州旅行に行ってきました。 まずは、成田からLCCの春秋航空に乗ってハルビンにやってきました。 気温は18℃で快適です。 「安重根義士紀念館」に行ってきました。数年前にも来たことがありますが今年の春に場所を少し移動してリニューワルオープンしていました。ハルビン駅自体がリモデルされていました。駅舎内にあった「紀念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電信博物館 @上海

上海のバンドにある「電信博物館」に行ってきました。お目当ては、戦前、日本が上海を租界にしていた時代に設置した送信機です。展示品には「日本製 D-19 電信送信機(FS変調) 1KW出力」と説明してありました。1KWの電信(モールス符号)ですから、日本までは強力に電波を飛ばす能力があったはずです。 内部を見ることはできませんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海観光 その2

上海影視楽園は、上海郊外にある映画・テレビドラマ撮影用のオープンセットとスタジオの観光向け施設です。20世紀初頭の上海の街並みのオープンセットです。 上海市内は地下鉄をメインに使い、路線バスとMobike(レンタル自転車)で観光しました。 Mobikeには珍しい構成の自転車がありました。  *ホイールはプラスチック製(FRP製…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海観光 その1

吉野ヶ里遺跡と東名遺跡の見学後、佐賀空港から上海に飛びました。主として古蹟や博物館を訪問しました。 ----------------------------- <楓径古鎮>を観光してきました。この付近は2000年以上前から人間が住んでいたとのことです。現在残っているのは数百年前から続く古い街並みを観光資源化した名所です。上海の郊外に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国カシュガル市の写真アルバム

知人が中国最西部の都市カシュガルに行きスナップ撮影した写真をもらいましたので投稿します。2019年5月に個人旅行したとのことです。 カシュガル市は人口120万でウィグル人が80%を占めるとのことです。 新疆ウィグル自治区の省都のウルムチからさらに1000Km西のタジキスタン国境に近い都市です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国南方旅行

2月21日~3月5日、中国南方を旅行してきました。 今回は、成田から香港に飛び、バスで移動/越境し、広東省珠海のホテルにチェックインしました。「港珠澳大橋」を走行中、車窓から撮影しました。単なる高速道路の走行風景のように見えますが、世界最長の50Km以上にわたる海上の長大橋です。 夕食は近所の食堂で「ビャンビャン麺」と水餃子を食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国料理およびスマホ活用

今回の旅行ではスマホを大いに活用しました。 レンタル自転車の「mobike」です。プリペイド金額がシステム内に記録されていて、現物の自転車のQRコードをスマホで読み取ると解錠します。 30分で1元(約16円)です。 mobikeを立ち上げると、付近の地図が出て、自転車の所在場所がわかります。 スマホ決済です。この画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国旅行その3(上海編)

上海には10月11日の一泊、18日~21日まで三泊しました。 上海随一の繁華街南京東路のホテルに泊まりました。 ホテルの近くから有名な和平飯店(旧キャセイホテル)のとんがり帽子が見えました。 夕食のためにホテルを出たら、「大阪」と言う文字が眼に飛び込んで来ました。タコ焼きを売っている店です。お客は行列を作っていました。中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国旅行その2(南京編)

南京には10月16日~18日滞在しました。 1937年7月7日に北京郊外で発生した盧溝橋事件は4日後に現地で両軍の休戦協定が締結されたにもかかわらず、上海では戦火が広がり、8月15日には南京爆撃が行われています。九州の基地から飛び立った爆撃機でしょうか。 8月28日には上海爆撃があり、有名な「上海南駅の赤ん坊」の写真が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国旅行その1(蘇州編)

10月11日から10月21日まで中国旅行してきました。 旅行写真「その1」として蘇州の写真を紹介します。 有名な寒山寺です。 「楓橋夜泊」の詩がいたるところに掲示されていましたが写真は世界一大きな詩碑とのことです。 「東洋のベニス」と言われる水の街 蘇州の雰囲気が良く残っている「同里」です。最近近くまで地下鉄が延伸し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カズオ・イシグロ著 「わたしたちが孤児だったころ」

先週の中国旅行の飛行機の中で長編小説を読みました。 昨年度ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ著「わたしたちが孤児だったころ」です。 主人公は1900年生まれの設定で、60歳ころに過去を思い出して書いている形式の小説です。 PART 4~6は、1937年の上海を舞台にしたストーリーで、月・日および、共同租界にある有名なキャセイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国旅行その3(深セン編)

世界四大文明の発祥の古都、洛陽から20世紀終盤になって急激に勃興した『中国のシリコンバレー』、深センに移動しました。 深センの「華強北」は世界最大の電子市場です。その入口に立つ「賽格電子広場」はランドマークとなっています。今日はいつもとは違い、逆方向からアプローチしたら、世の中に出回っている写真とは違う構図に見えたので撮影しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国旅行その2(洛陽編)

上海から洛陽に移動しました。 ------------------------------ まずは、世界遺産の「龍門石窟」に行きました。 ------------------------------ 市バスに乗り、洛陽郊外の「白馬寺」に行ってきました。「文献で確認できる伝承上では中国最古の仏教寺院であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国旅行その1(上海編)

6月12日~24日、中国旅行してきましたので3回に分けて写真をアップロードします。 戦前から上海で一番の繁華街である「南京東路」は常時歩行者天国です。電動の観光車が走っているので乗ってみました。 一本脇の道にもクラッシクな建物が残っています。 人民公園ではシニア達がマージャンを楽しんでいました。一翻シバリなし、リー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海歴史散歩 その2

地下鉄に乗って上海郊外の朱家角(水郷の古鎮)に行ってきました。ここも観光開発に力を入れているようで、外人(白人)観光客が多かったですね。 地下鉄駅から現地までの約1Kmを「三輪自転車タクシー」に乗りました。 -------------------------------------- 1937年、盧溝橋事件が上海にも飛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海歴史散歩してきました

かっての日本人街@上海(日本租界)をウォークしてきました。地下鉄10号線の四川北路駅の南、半径500mくらいのエリアに、かって、日本人が暮らした町並みがたくさん残っています。日本時代の歴史的建造物については、「上海歴史散歩の会メンバー」のブログに掲載されている地図を参考にさせていただきました。正確で詳細な内容です。以下の地図をクリッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルムチ観光(2018.4.12-16)

ウルムチ観光のレポートです。 2009年に発生した騒乱の余波で、ウルムチ市のセキュリティーチェックは厳しく、少し大きな、ホテル、レストラン、スーパーなどには、空港にあるような通り抜け方式の金属探知機の設置が義務付けられているようです。 通常時は電源が切られていて、係員は、怪しい手荷物を持っている人にしか適用しませんので、行列ができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 ウルムチに来ています

今年3回目の外国旅行です。上海から5時間半のフライトでウルムチにやってきました。フライトは全行程が陸地の上を飛び、中国の広さが実感できました。 現地からの報告の第一報として中国の他の地域では食べたことが無かった料理を報告します。 このレストランは、「手打ち」、「有機野菜」、「小黒羊」の三つを売りにしています。 蒸し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西安観光

年末年始の旅行で中国西安に行ってきました。 ----------------------------------- 世界遺産の兵馬俑は今から2200年くらい前の遺跡です。初めて中国を統一した秦の始皇帝の陵墓を守るために一緒に埋葬された兵士たちの「俑」です。日本人の祖先が竪穴式住居に住んでいた頃、弓矢の兵士や馬で牽引する戦車が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は「盧溝橋事件」の日でした

写真を整理していたら、本日「7月7日」は盧溝橋事件勃発の日だったのを思い出しました。この事件は日本、中国のどちらが先に攻撃を開始したのか、現在でもはっきりしていませんが、日本が泥沼の中国戦線へ乗り出した始まりでした(1937年7月7日勃発)。私は2年前にこの橋を訪問しました。 13世紀に建造された由緒ある橋なんですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深センに来ています 真空管アンプ編

世界有数の大規模電気街である深セン市の華強北路の北の端の「万商商場」3F・4Fには真空管ハイエンド・アンプの店が30軒ほど出店していますので紹介します。 往年の名器が本家から復刻/発売されていたんですね。 McIntosh からは新製品も出ているんですね。 「お手軽オーディオ」にも真空管の採用が増えてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深センに来ています B級グルメ編

深センに来ています。 今日はB級グルメの写真を掲載します。 羊肉料理専門店のメニューです。 赤枠で囲った部位は珍品メニューです。 日本では食べられないロバ肉のバーガー風を食べました。 ホンコンまで足を伸ばしベトナム料理店で「牛肉入りフォ」を食べました。 コンビニで買った二鍋頭(中国のコーリャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海に移動してきました

寧波から上海に移動しました。ランディングギアのタイヤが寧波空港の滑走路から離れてから、上海空港に着地するまでちょうど30分でした。こんなに短いフライトは初経験でした。 今回は上海庶民生活の写真を紹介します。 1930年代から40年代の上海の高級ナイトクラブ「百楽門」です。今朝行ってみたら改装中でした。 ヨーロッパ人、中国人、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寧波観光報告 その2

寧波でも観光資源再開発が活発なようです。古い寺院ばかりでなく古い家屋の町並みをレストランとショッピングのタウンに変身させています。南塘河街というかなり広い地域です。中国料理グルメを楽しむならオススメのエリアです。 国慶節の連休中なのに門が閉まっている大きなレストランがありました。朝鮮飯店「柳京」という店です。従業員が集団で亡命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 寧波に来ています

上海乗換えで寧波(ニンポー)にやってきました。1400年くらい前、遣唐使はここ寧波に上陸したそうです(上海は当時は寒村でしかなかった)。中国バイキング朝食の定番、豆乳に油条を入れて食べました。 昨日は寧波一の繁華街「天一広場」に行ってきました。国慶節の連休中ですので、たくさんの人出でした。地下鉄駅を降りた人の90%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more