JA2DHC/JA1CTYのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ミサイル搭載用真空管でA2級増幅 Part2

<<   作成日時 : 2018/07/30 14:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

1960年代の米軍ミサイルに搭載された真空管を使って、オーディオ用ラインアンプを作りました。そのレポートは私の以下のホームページに掲載しています。

ミサイル搭載用真空管でA2級増幅

毎日のようにこのアンプで音楽を聴いています。真空管の響きがいいですね。当時は冷戦時代で、ソ連のミサイルにも同じような真空管が使われていたに違いないと、ネットで探してみたらアメリカのeBayにウクライナの店が、ソ連製のミサイル用真空管を出品していましたので落札しました(以下の写真参照)。
画像

このアンプに使うキーコンポーネントは入力に使うトランスです。手持ち品の在庫が無くなりましたのでオークションでトランスを物色しましたが、前回使ったタムラの高級品はかなりの高値で出品されていて手が出しにくいです。そこで思い切って、30V出力の電源トランスを落札しました。 電源トランスを音声信号用に使って好結果が得られるのかトライしてみたくなりました。
インダクタンスを測定したら一次側で2.7Hしかなく、低音が出るのか心配になりました。そこで一次側と二次側を直列接続してみたら、4.5Hまで増加しました。測定結果を以下に示しますが、低域は10Hzでも1.1dBの低下しか認められませんでした。高域は可聴周波数外の40KHzでも全く低下は見られませんでしたので、充分使用可能なことがわかりました。ウクライナから真空管が到着したらこのトランスを使うことにします。測定風景と測定結果を以下に示します。

画像

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミサイル搭載用真空管でA2級増幅 Part2 JA2DHC/JA1CTYのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる