満州旅行 その5 (満州料理)

気温が低い中国北部地域は米栽培に適さず、小麦や雑穀がメインでそれらを食材とした麺やクレープ状調理の食文化が発達しました。中国南部からベトナムにかけては米の収穫が大きく米が主食です。中国人が「北麺南飯」と言うのはこの食文化を表したコトバです。 ハルビンのセルフ式朝飯屋で食べました。朝鮮に近いせいか、キムチもポピュラーです。 小…
コメント:0

続きを読むread more